スタッフ紹介

スタッフの紹介 平井美和

平井美和2021. 07. 30

【どのような仕事をしているか】

主に利用者の職業訓練を担当していますが、それぞれ就労移行支援事業所に通われる目的は異なるため、ひとりひとりに寄り添った生活支援を行っております。 私自身は働くことが好きなので、働くことで社会とつながりや働くことの喜びに気付いてもらえるよう、就労への橋渡しがしっかりとできるように心掛けて支援を行っています。 

【るりはりで働くきっかけ】

これまで精神科専門のMRや地域活動支援センターで働いていましたが、働ける可能性があるかもしれないのに、自ら働くことを諦めている人たちとたくさん出会ってきました。 自身の可能性を信じ、力を発揮できる環境とタイミングさえ整えば、もっと社会との繋がりを持てるではないかと思い巡らせていたところ、就労移行支援に辿り着きました。 入社前は障害を受け入れる環境や社会に大きな壁があると感じていましたが、スタートラインでは学術的アプローチに基づいて障害者自身に向けた支援を行っており、より大きな可能性を感じて「るりはり」で支援しようと決意しました。 

【サポートする上で大事にしていること】

これまでの支援を通じて、ご本人の自己肯定感が低い方が多いと感じていたため、ご本人の可能性を出来る限り広げられるような支援を心がけています。 スタートラインの定着支援で培ってきた支援技術や知見を用いることで、各々の特性に合わせた職業準備性が高められると思っています。 「働く」ことで得られる喜びは「金銭」だけではなく、自身の人生や生きがいに適った喜びを感じてもらえるように接しています。 

【メッセージ】

就労移行支援事業所に通えるのは最大「2年」となりますが、この時間は決して無駄ではなく、貴重な時間として感じています。働くための準備期間であるからこと、今だからできることを一緒に実施していきたいと思っています。 この期間を通じて、「働く」という準備期間は、これから続く職業人生における土台となれるよう、支援してきたいと思っております。
「誰でも輝くことができる」と私たちは信じています。 ぜひお気軽にご相談ください。

支援員/就労移行支援 るりはり渋谷

平井美和るりはり渋谷

長年精神科対象のMRとして勤務した後、前職では地域活動支援センターの支援員として従事し、日中活動プログラム(生活・健康管理等)を担当しました。
病院や地域で過ごす多くの障害者と関わる中で「その人の思いや可能性」と「働くという選択肢」を結ぶために、何かできることはないだろうかと思い巡らせてきました。
皆さんの新たな気づきに丁寧に耳を傾けつつ、働くことへの橋渡しがしっかりとできるように心掛けます。